身体と心に影響…危険!過度なダイエット

急激に痩せると体に悪い?

急激に痩せると身体だけではなく、精神にも悪影響が出ます

 

拒食症などを引き起こしてしまうと、一生完治することができなくなり、拒食と過食を繰り返すというループに陥ってしまいます。
はやく効果を出したいと思い、無秩序なダイエットをすることは非常に危険なことですから、しっかり計画を立て、徐々に理想の体型にしていきましょう。

 

急激に痩せると、具体的にはどのようなことが起こるのでしょうか?
筋肉が落ちてしまうので、筋力が低下、当然体力も低下します。
ひどくなると、関節をしっかり支えることができなくなり、怪我をしやすくなります。
血圧が下がるので、立ちくらみがしたり、目覚めが悪くなったりします。
生理が不順になり、止まってしまうこともあります。
精神的に不安定になり、常にイライラしていたり、人に会うのがおっくうになったりします。
頭痛が起こる人もいますし、急激に痩せたことであごの筋肉も落ち、噛み合わせが悪くなって、虫歯が無いのに歯が激痛をおこしたりすることもあります。
髪の毛が抜けたり、体毛が濃くなったりしてくるとかなり重症です。
食べるのが怖くなり、ますます食べられなくなっていきます。

 

そしてある時、過食が始まってしまう人もいます。
もともとは食べることを我慢していたので、食べることに対して飢餓状態になっています。
その為、食べても食べても気持ちが満足せず、過食してしまいますが、食べたことを後悔して、わざと嘔吐して、また更に食べてしまうのです。

 

 

肥満は良いことではありません。
けれども、無謀なダイエットはもっとよくありません。
どのような方法でダイエットをするにしても、計画的に徐々にする必要がありますし、できれば医師や、専門家のアドバイスを受けて、ダイエットの計画を立てましょう。

 

 

ここから少し怖い摂食障害のお話。

 

摂食障害(拒食症・過食症)による死亡率は約1割にものぼります。
もちろんですが日本にも摂食障害者はたくさんいらっしゃいます。
有名なところでは、よく芸能人の摂食障害疑惑が取り沙汰されていますが、もちろん芸能人だけではなく一般の方の中にもたくさんいらっしゃるんです。
ダイエットがストレスとなり摂食障害の原因になることもありますが、逆にストレスが先行して摂食障害に陥ってしまう人もいます。

 

なかなか痩せられないなぁ
どうしても美味しい食べ物が我慢できないなぁ

 

なんて悩んでいるうちは幸せということです。
なぜなら摂食障害になってしまえば、食べ物は「敵」でしかなく、楽しむということはできなくなるからです。

 

人間には様々な本能的な”欲”がありますが、その中には食事も含まれます。
もちろん生命維持のための食事ですが、人間はこれを「楽しむ」ということを知っています。
これはとてもとても素晴らしいことです。
お母さんに作ってもらった美味しいご飯、また自分の子供に美味しいご飯を食べさせてあげたいと思うのが普通だと思います。

 

摂食障害になってしまえば、これらは全て消え去ります。

 

もう一度言わせていただきますが、
とにかく無謀なダイエットは絶対に行わないでください。